読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Customizable Metal Substanceの紹介

今日は、手軽にMaterialに金属の要素を入れられる無料Assetを紹介します。

f:id:Taka8:20160902143858p:plain


f:id:Taka8:20160902144009p:plain
Customizable Metal Substance

Customizable Metal Substanceとは

他のtextureを必要とせずに

  • 錆び
  • 泥汚れ
  • ほこり

を再現することができるスゴイAssetです。

また、textureを使用すればステッカーみたいなモノも表現できます。

プロシージャルマテリアルと呼ばれるもののようです。
docs.unity3d.com


使い方

Customize Metal Substanceをimportします。(Sampleは不要)

Projectビューの[Impactit]->[Substance]->[Customizable Metal]

f:id:Taka8:20160902150731p:plain
Cubeという名前のmaterialを追加します

ここでMain Mapsをいじる必要はありません。

いじる必要があるのはProcedural Propertiesです。

Metal Properties

  • Metal Type
    • 金属の種類を選ぶことができます。Customで自分で設定できます。以下Custom。
  • Roughness
    • 粗さ。
  • Metalness
    • 金属っぽさ
  • Metal Color
    • 金属の色

Age

f:id:Taka8:20160902154437p:plain

  • Oxidation
    • 酸化。ようするにサビ。

f:id:Taka8:20160902154451p:plain

  • Rust Hole
    • サビ穴。Cutout, Fade, Transparentのとき有効。裏側は描画されない。

f:id:Taka8:20160902154509p:plain

  • Dart
    • 汚れ。ゴミみたいな感じ。
  • Scratches
    • ひっかき傷?よく分からなかった。

f:id:Taka8:20160902154535g:plain
また、Rust Edge Chunksにチェックを入れると、塗装剥げみたいなものを表現できます。アハ体験みたいな。

Custom Properties

要するに、Albedo

Custom Normals

Normal Mapの追加

Decals

デカール。シールみたいなもの。

f:id:Taka8:20160902153040p:plain

Images Toggleにチェックを入れ1st Custom Imageにチェックを入れ、Image Inputデカールとして貼り付けたいテクスチャーを設定する。

デカールは位置、回転、スケールなどを変更可能。

Multiplayer Networking/Unity/Standard Assets/Nintendo Switch/Asset Store/Git/GitHub for Windows/Arduino/Blender/はてなブログ/